ソーダブレッド(クランベリーとオレンジ入り)

オーガニックライフ > パン、スコーン、ジャム・コンポートなど > ソーダブレッド(クランベリーとオレンジ入り)

ソーダブレッド(クランベリーとオレンジ入り)

ドライ・クランベリーと、オレンジゼストの入ったソーダブレッド。ソーダブレッドとは、ベーキングソーダ(重曹)を使ったクイックブレッドで、発酵時間なしで混ぜたらすぐに焼くことができます。

sodabreadD5.jpg

このレシピでは、ベーキングパウダーも使い、粉は強力粉。薄力粉でもいいのですが、これだとしっかり焼きあがります。また焼く温度は低めなので、外側がそんなに固くなりません。


ソーダブレッドは、丸く焼くことが多いのですが、このように長いパウンド型を使ってパウンドケーキのように焼くと初心者でもきれいにできます。

▼小さいパウンドケーキ型だと周りがかなり固く焼けてしまいました。大きめ(21㎝か23㎝以上)のパウンド型やローフ型を使うのが、外側が固くなりすぎずに焼けるコツです。


ドライフルーツではなく好きなナッツなど入れて焼いてもOKです。


◆材料(長いパウンド型)

・強力粉 580g
・ペーキングパウダー 5g
・重曹(ベーキングソーダ)8g
・ヨーグルト 100g
・塩   2g
・バターミルク 200cc
(ホワイトビネガーかレモン汁10mlと牛乳300㏄で作る)

・オレンジの皮のゼスト  少し
・ドライクランベリー 100g


・(あれば)調理に使える薄い手袋


◆作り方レシピ


準備:
▼オレンジの皮をチーズおろし(グレーター)でおろすか、スライスしてみじん切りして、オレンジゼストを作っておく。
▼ドライクランベリーを半分ぐらいにカットしておく。

 sodabreadD8.jpg

バターミルク用の牛乳は、室温にしておく

▼型にキッチンペーパーを敷く。(バターを底面と側面に塗ってペーパーを貼りつける。底面のペーパーの上にも、バターを塗る)


(1)【バターミルクを作る】
ホワイトビネガー(白ワインビネガーやレモン汁でもOK)10mlを、室温の牛乳300㏄に入れ、軽く混ぜる。そのまま10分ぐらい放置して混ぜる。少しモタッとした感触になってくる。

sodabreadD9.jpg


(2)作ったバターミルク200ccに、ヨーグルトを混ぜる。


(3)ボールに粉類(強力粉、ベーキングパウダー、重曹)を入れ、混ぜる。さらにカットしたドライクランベリー、オレンジゼスト、そして塩を入れ、混ぜる。


(4)(3)の中央に少し窪みを作ったら、(2)のバターミルクを一度に入れ、手で混ぜる。あまり気にせず、3~4分ぐらいざくざく混ぜる。ベタベタしなくなったら出来上がり。必要なら、強力粉を少し足す。

▼最初はベタベタするので、薄いゴムの手袋をしたほうがいい。あるいはゴムべらで良く混ぜる。

sodabreadD1.jpg


(5)混ざったら、キッチンペーパーを敷いた型に入れる。上から軽く押さえてトップを平らに整える。トップに小さいナイフで切れ目(斜めの格子型)を割と細かく入れる。(深くなくていい)

sodabreadD2.jpg


(6)表面に牛乳を塗る。


(7)190℃のオーブンで25分焼いたら、一度確認する。表面がゴールデン色で少し濃い焼き色がついていたら、型の上に天板を逆さにして載せ、さらに20~25分焼く(20分で様子を見るといい)。

▼合計40~45分焼く。
▼上に乗せる天板がなければ、アルミフォイルをかぶせる。

sodabreadD3.jpg


(8)冷めてから、カットしてサーブする。

sodabreadD4.jpg

sodabreadD7.jpg


関連記事

  1. フォカッチャ
  2. レモンカード(タマゴの黄身が少し多めのレシピ)
  3. ヨーグルトでもっちりソフトな、フラットブレッド
  4. プレーン・スコーン
  5. レモンカード
  6. ソーダブレッド(ポールのレシピ)
  7. ソーダブレッド(クランベリーとオレンジ入り)
  8. ブリオッシュを簡単に作ってみる!
  9. ソーダブレッドと、パプリカ&ローズマリー・バター
  10. 豆乳で作るレモン・スコーン
  11. チーズのグジェール(Gougeres)
  12. 黄金色が美しい、アメリカならではの「コーンブレッド」
  13. とっても気軽に作れる、スコーン
  14. ストロベリーのコンポート(ゆるいジャム・スコーンなどと)
  15. とても手軽なレモネード・スコーン(プレーン、ドライフルーツ入り、オニオンとチーズ入り)
  16. ペッパーとチーズの塩味スコーン

情熱FX大陸